一般民事の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

近隣トラブル

1 接道義務について

住宅やマンションなどを建築する際には、その敷地が接道義務に違反しないことを確認しなければなりません。

接道義務とは、建築物の敷地が建築基準法上の道路に2m以上接しなければならないというルールです。

建築基準法では、幅員4m以上の道路だけを「道路」であると認めています。

建築基準法の道路は、道路法・都市計画法・土地区画整理法・都市再開発法などに基づいています。ただ、これによらないで造る幅員4m以上の道で、特定行政庁による位置の指定を受けたものを位置指定道路といいます。

位置指定道路は、敷地の所有者が設ける私道であるのが原則です。その敷地に建築物を建てるために設けられます。

ページトップに戻る

2 通行権について

私道とは、一般の人が所有する土地に存在する道路です。したがって、所有者の承諾がなければ通行できないのが原則です。ここでは、他人の土地に対する通行権をみていきます。

ア 袋地通行権

他人の土地に囲まれて公路に通じない土地を袋地といい、袋地を囲んでいる他人の土地を囲繞地(いにょうち)といいます。

民法は、袋地の所有者に対して、囲繞地を通行して公路へ出る権利を認めました。袋地通行権は、囲繞地所有者の承諾があるかどうかに関係なく、法律上当然に発生します。

イ 通行地役権

通行地役権とは、他人の土地を通行するために設定される通行権(物権)のことです。通行地役権は、当事者間の合意によって発生します。この点、袋地通行権とは異なります。

ウ 賃借権・使用貸借権による通行権

通行権は、当事者が賃貸借あるいは使用貸借といった契約を利用して設定することができます(債権)。通行の対価を支払う場合が賃貸借で、対価を支払わない場合が使用貸借です。

ページトップに戻る

全10回を予定しております。