労働・雇用問題の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

給料の支払い方のルール

給料の支払い方には、労働基準法で以下の5つのルールが定められています。

通貨で支払わなければならない、というルールがあります。
これにより、現金ではなく、現物による支給で給料を払うのはできないのです。
直接支払わなければならない、というルールがあります。
未成年者の場合でも、親が代わりに給料を受け取ることは禁止されています。
全額支払わなければならない、というルールがあります。
給料を分割で払うことなどは禁止されています。
毎月1回支払わなければならない、というルールがあります。
今月の給料は払えないから来月まとめて払うなどということはできません。
一定期日に支払わなければならない、というルールがあります。
給料日が決まっていなければならないということです。

要するに、給料は、毎月1回一定期日に全額を直接通貨で支払わなければならない、ということになります。労働者にとって最も大切な給料が確保されるようルールによって守られているのです。

労働・雇用問題トップページに戻る