労働・雇用問題の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

会社が経営破たんした場合について

会社の経営が悪化して、店を閉めるなど休業する場合、労働者の給料はどうなるのでしょうか。

労働基準法は、会社の責任による休業の場合、労働者は平均賃金の6割がもらえるとしています。平均賃金とは過去3か月分の賃金の平均です。

しかし、会社が倒産してしまった場合、未払いの給料や退職金はどうなるってしまうのでしょうか。給料は労働債権として優先的に扱われるものの、会社の資産がない状態では、結局十分な支払いは受けられません。

そこで、このような労働者の不利益を少しでも軽減するため、「賃金の支払の確保等に関する法律」という法律が制定されており、政府によって未払い賃金が立て替え払いしてもらえます。この制度の適用には、いろいろな要件があり、また全額立て替えてもらえるわけではありませんが、これにより労働者の生活がある程度保障されることになります。労働基準監督署が問い合わせを受けてくれます。

労働・雇用問題トップページに戻る