相続・遺言の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

相続人資格の重複

例えば、祖父母が孫を養子にし、子が死亡した後に祖父母が死亡した場合、孫は、養子としての相続分(子としての相続分)と、子の代襲相続人としての相続分(代襲による相続分)の両方を取得できるのでしょうか?相続資格の重複の問題となります。

この場合についての考え方は分かれていますが、登記上の取り扱いでは両者の相続分の取得を認めています。

他に、養子が実子と婚姻し、養子が死亡した場合、養子の相続において、実子は、配偶者としての相続分と兄弟姉妹としての相続分とが重複します。この場合についても考え方は分かれていますが、登記上の取り扱いでは配偶者としての相続分のみ認めているようです。

相続・遺言に戻る