不動産問題の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

土地の境界と建物の建築について

建物を築造するには、境界から50センチメートル以上の距離を保たねばなりません(民法234条1項)。つまり、自分の土地だからといって、境界線ギリギリに建物を建てるのは民法上許されないのです。通風、日照等の確保と、防火対策等のため、土地の境界線付近の建築は制限されているのです。

もっとも、行政法規である建築基準法では、その65条で、一定の条件を充たす場合には、境界線に接して建築物を設けることができるとしています。外壁が耐火構造であるなど一定の条件を充たす場合に、民法の例外を認めるものです。

建築基準法65条の規定は、民法234条1項の規定に対する特則を定めたものと解されており、条件さえ充たせば、境界線に接して建築物を建てることができることになります。

不動産問題トップページに戻る