相続・遺言の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

相続人とは

相続人とは、亡くなった人(被相続人)の財産(遺産)を包括的に受け継ぐことができる一般的な資格を持った人のことです。配偶者血族相続人に分けられます。配偶者とは妻や夫のことで、血族相続人とは、子、親等直系尊属、兄弟姉妹のことです。配偶者は常に相続人となり、それ以外の血族相続人はそれぞれ、子(第1順位)、直系尊属(第2順位)、兄弟姉妹(第3順位)の順位で相続し、配偶者と共に相続する場合の相続分の割合も法で定められています。

配偶者
妻 または 夫 ・・・ 常に相続人
血族相続人
子      ・・・ 相続順位 第1位
親等直系尊属 ・・・ 相続順位 第2位
兄弟姉妹   ・・・ 相続順位 第3位

以上のとおり、民法では、相続人の範囲や順位を画一的に定めています。これを遺言やその他の方法で相続人を指定し順位を変更することはできません。

もっとも、一般的な資格ですから、個別の具体的な相続事件について、誰が相続人になるのかは別に考えなければなりません。民法上、相続人の相続資格を奪う制度(相続欠格・相続廃除)や、相続人が自らの意思で相続人の地位を辞する制度(相続放棄)が採用されているからです。

また、相続は、被相続人の財産を相続人に受け継ぐ制度ですから、被相続人が亡くなった時に相続人が生きていなければなりません(同時存在の原則)。

これに対する例外として、胎児が出生したものと扱われる胎児の出生擬制と、代襲相続の制度があります。後者は、相続人である子が、被相続人が亡くなる以前に死亡していても、その子(被相続人にとって孫)が代わって相続するという制度です(兄弟姉妹が相続人で被相続人より以前に死亡している場合にも、その子(被相続人にとって甥・姪)に代襲相続がなされます)。

相続・遺言に戻る