相続・遺言の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

死亡保険金・死亡退職金は相続財産か?

相続財産との関係でよく問題となるのが死亡保険金死亡退職金の扱いです。

例えば、保険契約上受取人として、特定の相続人「A」が指定されていたり、あるいは、特定せずに「相続人」と指定されている場合に、相続が発生したとき、どのように扱われるべきでしょうか。

判例は、死亡保険金請求権は、保険契約によって生じる受取人固有の権利であるから相続の対象ではないとしています。つまり、死亡保険金は相続財産ではないとしています。なぜなら、相続は、被相続人の財産を受け継ぐ制度ですが、生命保険金は、受取人が保険会社から直接受け取る権利(お金)ですから、被相続人から受け継ぐわけではないという点で、相続の対象ではないということになるわけです。

同じように、死亡退職金も、法令や就業規則で死亡退職金が遺族に支払われることになっていますので、相続の対象にはならず、遺族が直接就業先に請求する権利という意味で相続財産ではないのです。

もっとも、税法上は、死亡保険金も死亡退職金もみなし相続財産として扱われます。一定の非課税枠があるものの、相続税がかかる場合があります。

相続・遺言に戻る