相続・遺言の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

内縁の夫婦と相続上の問題について

内縁の夫婦に関する、相続上の問題点についてです。

配偶者は常に相続人になります。しかし、ここでいう配偶者とは、法律上の配偶者ですので、入籍していない内縁の夫婦は含まれません。内縁の妻(あるいは夫)には相続権がありません。例えば、内縁の夫名義の自宅があるが、内縁の夫が死亡し相続人としてその兄弟姉妹がいるような場合、自宅は相続人である兄弟姉妹が相続します。内縁の妻が自宅に住めなくなる可能性も出てくるので困ったことになります。

以上のような問題にどう対処すべきでしょうか。

まずは、早めに入籍するというのが考えられます。しかし、長年にわたり内縁関係が続いていたような場合、入籍に躊躇することもあるでしょう。

生前に自宅の名義を変えておくというのも考えられます。しかし、名義の移転には手間や費用(税金等)がかかることから、名義を変えないまま放置されることも多いでしょう。

そこで、上の例でいえば、自宅を(内縁の妻に)譲る内容の遺言を夫に書いてもらうのが、現実的な対策となります。遺言により、死後の煩わしい問題を防ぐのです(兄弟姉妹には遺留分がありません)。

例を変えて、内縁の夫に相続人が誰もいない場合はどうでしょうか。

この場合、内縁の妻は、特別縁故者として、相続財産の全部あるいは一部を受け取ることが可能です。その場合、内縁の妻の方で、裁判所に対し相続財産管理人の選任を求める申し立ての手続きが必要になります。手間や費用を考えるなら、この例でも、遺言を利用するのが良いでしょう。

ちなみに、遺族年金の受給に関しては、「配偶者」の中に内縁関係を含みますので、内縁の妻であっても年金は受給できます。死亡退職金についても、就業規則によっては、内縁の妻が受給できることがあります。

相続・遺言に戻る