相続・遺言の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

相続欠格・相続廃除とは

法定相続人が相続権を失う場合があります。

相続権がはく奪される制度として、民法上、相続欠格相続廃除があります。なお、相続人自身が相続資格を辞するのは相続放棄です。相続放棄はあくまで、相続人の主体的意思でする放棄であって、資格をはく奪されるのとは区別されます。

相続欠格は、公益的観点から相続資格をはく奪する制度で、民法891条により、その要件が決まっています。法律上の要件にあてはまると相続する資格を当然に失うという制度ですから、公益上重大な事実が相続人の側にあった場合です。例えば、相続人が被相続人を殺害したような場合です。

相続廃除は、相続欠格ほど著しい相続制度への侵害行為があったわけではないものの、被相続人(亡くなった人)が法定相続人への相続を望んでいない場合に、被相続人の意思に基づいて、その者から相続権を奪うことができる制度です。相続廃除では、被相続人が生前にまたは遺言により、特定の者による相続を廃除する意思を表明し、それを家庭裁判所が審判で認めないと、相続権は奪われません。被相続人の意思の表明と家庭裁判所の審判が必要になる点で、相続欠格とは異なります。相続廃除にあたるのは、被相続人に対する虐待や重大な侮辱といった著しい非行がある場合です。

相続・遺言に戻る