相続・遺言の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

相続放棄とは

相続放棄は、相続人が相続の効力を消滅させる意思表示のことで、家庭裁判所で申述という手続を行い、家庭裁判所により受理の審判が行われます。相続放棄を証明するには家庭裁判所による相続放棄申述受理証明書を使います。

相続放棄をした人は、はじめから相続人ではなかったものとみなされますので、放棄した人の子は代襲相続することができなくなります。

相続の放棄ができる期間を熟慮期間と呼び、自分のために相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に相続放棄をしなければなりません(もっとも、利害関係人の請求により、家庭裁判所が認めれば期間を延ばすこともできます。)。

例えば、被相続人の遺産の中身が、プラスの財産として預貯金100万円、マイナスの財産として借金800万円がある場合、相続放棄さえすれば、一切の相続財産を承継しないこととなり、預貯金100万円も承継できませんが、借金800万円を返済する必要もなくなります。

しかし、相続人が相続を承認して(この場合すべての遺産が受け継がれ、預貯金を受け継ぐだけでなく、借金全額を受け継ぎ返済をします)、債務(借金)を返済していくのを希望すれば放棄とは別の扱いになります。

相続・遺言に戻る