相続・遺言の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

代襲相続とは

例えば、被相続人が死亡し、相続人として一人っ子である息子がいた場合に(子は第1順位の相続人)、その息子が被相続人の死亡より前に死亡していた時、どうなるのでしょうか。第2順位の直系尊属や第3順位の兄弟姉妹に相続がされるのでしょうか。

民法は、このような場合に、死亡した息子に子がいれば、その子が死亡した上記息子(その子にとって父親)に代わって被相続人(その子にとって祖父母)を相続するという代襲相続の制度を採用しています(民法887条2項)。したがって、この場合に第2順位以下の法定相続人には相続権はありません。

また、第3順位の兄弟姉妹にも代襲相続の制度が適用されます。したがって、被相続人が死亡し、法定相続人が兄弟姉妹である場合(第1,2順位の相続人がいない場合)に、その兄弟姉妹が被相続人の死亡より前に死亡している時、兄弟姉妹の子(被相続人にとって甥や姪)が代わって、代襲相続をすることになります。

なお、法定相続人に相続欠格事由があって相続資格をはく奪される場合や、相続廃除により、被相続人の意思により法定相続人の相続資格をはく奪される場合にも、法定相続人の子は、代襲相続により相続をすることができます。ただし、法定相続人が、相続放棄をした場合には、その相続人ははじめから相続人ではなかった扱いになるので、その子は代襲相続をすることができません。

相続・遺言に戻る