離婚・男女問題の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

浮気相手(不貞行為の相手方)の不法行為責任

夫婦円満な場合に、配偶者の一方が第3者と浮気すれば、その第3者は他方配偶者に対し、不法行為による損害賠償責任を負います。

ところで、夫婦関係が破たんしている場合に、配偶者の一方が第3者と浮気したら、第3者の損害賠償責任はどうなるのでしょうか。

最高裁平成8年3月26日の判決は、以下のように、損害賠償責任を否定しています。

(最高裁判所の見解)

夫婦の一方の配偶者が第3者と不貞行為を行ったこと(浮気したこと)が、他方の配偶者に対する不法行為となるのは、それが他方配偶者の婚姻共同生活の平穏の維持という権利または法的保護に値する利益を侵害する行為ということができるからである。したがって、夫婦の婚姻関係がすでに破たんしていた場合には、原則として、他方の配偶者にこのような権利または法的保護に値する利益があるとはいえず、特段の事情のない限り、第3者は不法行為責任を負わない。

上記裁判の「原則として」と、「特段の事情がない限り」が、どのような内容を意味するのかについてはこの判決からは不明ですから、今後の裁判例で明らかになることでしょう。

いずれにしても、現在の裁判所の考え方によると、夫婦関係が破たんしていれば、配偶者の一方が浮気(不貞行為)しても、原則として第3者の責任が生じないことになります。

離婚・男女問題トップページに戻る