離婚・男女問題の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

調停離婚

相手が離婚の話し合いを拒否している場合や、話し合いをしてもまとまらない場合には、家庭裁判所に調停を申し立てます。いきなり裁判をすることはできません(調停前置主義)。申立てをする裁判所は相手の住所地にある家庭裁判所です。

調停は、裁判官と調停委員2名からなる調停委員会によって進められます。もっとも、通常は調停委員2名が当事者の話を交互に聞いて話し合いを調整し、法律上重要な問題が生じた場合にだけ裁判官と調停委員の評議がなされますので、当事者が裁判官と顔を合わせることはほとんどありません。

調停で話し合いがまとまれば、調停成立となり、離婚が成立します。申立人は一人で、離婚届を提出できます。証人もいりません。

調停で話し合いがまとまらない場合や相手が調停に出席しない場合、調停は不成立となり、離婚したい当事者は離婚裁判を起こすことになります。

なお、調停を申し立てた当事者(申立人)は、いつでも調停を取り下げることができます。

離婚・男女問題トップページに戻る