離婚・男女問題の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

離婚の種類と手続き

離婚とは、夫婦である男女が、婚姻関係を解消する手続のことです。法律上の手続きですので、離婚届を市区町村役場に提出することが必要です。

離婚は、協議離婚、調停離婚、裁判離婚の3種類に分けることができます。まれに審判離婚という種類があるのですが、ほとんど例がないので、ここでは割愛します。

協議離婚は、夫婦で話し合って離婚の結論をだし、離婚届を提出することで離婚が成立します。協議離婚は、なにより簡便であることから最も一般的な離婚方法で、日本では離婚のうち約90%が、この方法での離婚となっています。

調停離婚は、夫婦での協議がうまくいかない場合、あるいは協議そのものができない場合に利用されるものです。夫婦の一方が家庭裁判所に申し立てをし、家庭裁判所で調停委員を介し話し合いをして、夫婦が互いに納得し離婚の合意ができれば離婚が成立します。

裁判離婚は、調停をしても、話し合いがまとまらず、あるいはそもそも話し合いができない場合利用されるものです。離婚したい夫婦の一方が離婚を求めて家庭裁判所に裁判を起こします。裁判で法定の離婚理由があると判断されれば、判決(裁判)により離婚が成立します。

なお、調停離婚、裁判離婚のいずれの場合でも、離婚届は必要ですが、協議離婚のように、夫婦双方の署名は必要でなく、届け出をする一方のみの署名だけで受理されます。また、証人も要りません。

協議離婚が裁判所を利用しない手続きなのに対し、調停離婚と裁判離婚は家庭裁判所を利用する手続である点で異なり、協議離婚と調停離婚は夫婦の合意に基づく離婚なのに対し、裁判離婚は合意を前提としていない点で異なります。

離婚・男女問題トップページに戻る