離婚・男女問題の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

協議離婚

協議離婚の場合、お互いが離婚に合意し、離婚届を提出さえすれば、手続きは完了します。離婚届には、成人の証人2名の署名押印が必要です。また、夫婦間に子がいる場合は、親権者を記載しなければなりません。

以上のとおり、協議離婚の場合、特に面倒な手続きは必要ありませんので、一番利用されている離婚方法です。しかし、簡単な方法ゆえにかえって、デメリットもあります。その1つが、養育費や財産分与といったお金の取り決めについてです。これを決めていない場合や口約束しかしていない場合、のちのち問題が生じかねません。できれば、離婚届けを出す前に、お金の支払いについて書面で決めるのがよいでしょう。その書面も、強制執行認諾文言付公正証書にしておくのが安心です。これを作成していれば、裁判をしなくても、給料などを差し押さえることが可能になるからです。

離婚・男女問題トップページに戻る