離婚・男女問題の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

慰謝料

慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償金です。離婚の際の慰謝料は、不貞行為(浮気)や暴力など、夫婦の一方が不法行為をして離婚原因を作った場合に請求できます。慰謝料は相手の不法行為に対するものですから、夫だけでなく妻がした不法行為にも請求できます。

慰謝料についての話し合いがつくのであれば、それで決まりますが、話し合いがまとまらない場合や話し合いができない場合には、離婚調停を申し立てします。離婚調停でも合意できない場合、離婚訴訟をすることになります(離婚だけ先に決めて、その後慰謝料請求の裁判をすることもできます。)。慰謝料は離婚成立から3年で時効消滅してしまいますので、取りあえず、離婚届を出したような場合、注意が必要です。

慰謝料の額は話し合いで決まればそれに従いますが、話し合いで決まらず、裁判になった場合、裁判所が決めます。この際、裁判所は、相手の違法行為の内容や責任の度合い、結婚期間、子どもの有無、当事者の社会的地位や経済状況など、を考慮し額を決めます。

なお、離婚による慰謝料請求は、夫婦の一方が他方だけにするものとは限りません。たとえば、離婚の原因が夫の浮気である場合、夫の浮気相手(相手女性)に対しても、慰謝料請求ができます。この場合、浮気相手の女性が、夫が既婚者であると知らなかった場合や、夫が独身であると嘘をついていたような場合、浮気相手の女性に慰謝料請求はできなくなります(浮気をしている認識がないと考えられるからです。もっとも、容易に既婚者であるのに気付くべき事情があれば慰謝料が認められる余地があります。)。

離婚・男女問題トップページに戻る