離婚・男女問題の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

婚約破棄の後始末・・・婚約の際交わした物の返還を求めるには

婚約の破棄については前の項目(婚約破棄を理由に損害賠償請求するには)で述べたとおり、裁判で婚約の成立について立証し、その破棄及び損害の立証にも成功すれば慰謝料を損害賠償として求めることができます。

ところで、婚約に際して、婚約指輪を交わしたとか結納金を渡したとかいう場合、返還を求めることができるのでしょうか?婚約を破棄された側にしてみれば、相手から返還されないとなれば納得しないでしょう。

婚約指輪や結納金は、婚姻を目的にして交わした物で、その目的が達成しない場合、受けたった側がこれを保持し続けるのは法律上不当な利益と判断されます。したがって、婚約破棄により婚姻の目的が達成しない場合、物を受け取った側に返還する義務が生じます(指輪や結納金は返還されます)

また、嫁入り道具のような他に転用できる物については、損害賠償の対象には原則としてならず、価値相当分を相手に賠償させるのは難しいでしょう。もっとも、それがよっぽど多額であり希少であるなどの特殊事情がある場合、慰謝料の額として考慮されることはありうるでしょう。

離婚・男女問題トップページに戻る